ワードプレスのping送信プラグインWordPress Ping Optimizerの設定と使い方!

pg1

こんにちは、すずみです。

今回はWordPressでpingを適切に送信するための
プラグインである「WordPress Ping Optimizer」の
設定方法と使い方についてです。

ワードプレスではpingに関しては自動で送信する機能がありますが、
これは記事を更新する度に送信してしまいます。

記事の修正や更新をする度にping送信をしてしまうので、
繰り返し同じ記事で送ってしまうとスパムとみなされることがあります。

そうなるとping送信先でエラーになって送れなくなるので、
修正や更新では送らないようにするプラグインが
「WordPress Ping Optimizer」です。


そこで「WordPress Ping Optimizer」の
設定と使い方について解説していきます。

まずは以下の動画にてお話しているのでご覧ください。


ping送信は必要なのか?


まずpingとはそもそもどんなものなのかを
詳しくは知らないという人もいるかなと思います。

pingとはサイトの更新情報をまとめているサーバーです。

このpingサーバーは1つだけではなく数多く存在していて、
すぐに消えてしまったり、また別のサーバーができたりなど、
そのときによって変わっていきます。

そのpingサーバーに自分のサイトの記事を更新したことを伝えると、
検索エンジンが記事を見つけやすくなり、インデックスが早くなります。


それ以外にも多少なりともアクセスアップ効果が見込めたり、
いちおうプラスの効果があるものですね。

しかし、このpingサーバーに何度も更新情報を送ると、
スパムと認識されてエラーで使えなくなってしまうことがあります。


これによりインデックス促進やアクセスアップの効果が得られなかったり、
送信先がエラーになって自分のサイトに負荷がかかり重くなったりもします。

それを回避するのが「WordPress Ping Optimizer」というわけです。

WordPress Ping Optimizerのインストールのやり方!


まずは「WordPress Ping Optimizer」の
インストール方法からですね。

このプラグインのインストールは方法は
ワードプレスの管理画面から行えます。

ワードプレスの管理画面の左のメニューにある、
プラグインの新規追加をクリックします。

そこで右側の欄に「WordPress Ping Optimizer」と入力して、
検索すると以下のような画面が出てきます。

そこで赤枠の「今すぐインストール」を押します。

pg2

次に以下の画像の赤枠のプラグインの
有効化をクリックします。

pg3
これでプラグインは有効化されますが、
ここからping送信先を自分で入力する必要があります。

WordPress Ping Optimizerの設定と使い方!


「WordPress Ping Optimizer」は有効化すれば、
勝手にping送信しないように設定されます。

ただ、pingの送信先を入力しないといけないので、
そこは自分で設定していく必要があります。


この送信先に関しては最初のほうでも触れましたが、
すぐにエラーで使えなくなってしまうものも多く、
そのぶん新たに増えていくことも多いです。

そのため定期的に更新していかなければいけません。

個人的には半年ぐらいするとだいぶ使えなくなってしまう
サーバーが増えてしまう感じかなと思います。

では、実際にどこにping送信先を
入力すればいいのかを解説していきます。

まずプラグインのインストールが終わった後は
ワードプレスの管理画面の左のメニューにある
設定のボタンをクリックします。

すると、以下の画像のように「WordPress Ping Optimizer」が
追加されるので、そのボタンを押せば設定をすることができます。

pg4

ping送信入力先


まず入力先に関しては以下の画像の
赤枠の部分になります。

赤枠にURLを入力していき、
「save setteing」を押せば完了です。

pg5

ping送信先リスト


2016年7月現在におけるping送信先リストが以下になります。

http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://ping.blo.gs/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://ping.blogranking.net/
http://ping.dendou.jp/
http://ping.fc2.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://ping.feedburner.com/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://pingoo.jp/ping/
http://www.blogpeople.net/ping/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://rpc.pingomatic.com/
http://ping.speenee.com/xmlrpc


ログ履歴


最後にちゃんと送信できたかどうかを確認できる
ログ履歴を見ることができます。

それが以下の画像の部分ですね。

pg6

記事を更新すればここにログ履歴がずらっと表示されるので、
それを確認すればエラーになっているかどうか確認できます。

送信エラーになった際はリストから外していきまよう。

またその他のオススメのプラグインの解説をした
記事が以下にもあるので合わせてご覧ください。

(関連:ワードプレスのプラグインで初心者にもおすすめ13選と使い方!

ではでは、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

またこのブログでお会いしましょう。

【無料プレゼント】ブログで稼ぐ新スタイル講座



 お名前(ニックネーム可)(必須)
 メールアドレス     (必須)
                  

2 Responses to “ワードプレスのping送信プラグインWordPress Ping Optimizerの設定と使い方!”

  1. ryouji より:

    こんにちは。いつもありがとうございます。
    ping送信のやり方、重要性がとても丁寧に書かれていてとても分かりやすかったです。
    これでpingについて困ることがなくなります。
    応援して帰ります。

    • suzumi より:

      ryoujiさん、こんにちは。
      コメントを頂きありがとうございます。

      >>ping送信のやり方、重要性がとても丁寧に書かれていてとても分かりやすかったです。これでpingについて困ることがなくなります。

      そう言って頂けて記事を書いたかいもありますし、嬉しいです。応援もありがとうございます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ