世界観の作り方で人の見た目と第一印象は変化して魅力が高まる!

sekaikan1

こんにちは、すずみです。

今回は世界観の作り方で人の見た目と第一印象は変化して
魅力が高まるということについてです。

自分の世界観を作ることでブログやメルマガなどの媒体で、
人の見た目と第一印象がガラッと変わって魅力が増します。


これは自己ブランディングでもありますね。

そこで大事な世界観の作り方についていろいろと解説していきます。

また、ここから解説することに関しては以下の記事の続きともなるので、
上から順番に読んだ後に読むとわかりやすいです。

(関連記事1:ブログやメルマガでファンや読者を増やしアクセスを上げる方法!
(関連記事2:コンセプトとテーマの作り方と書き方!自己ブランディング方法も!

まずは以下の動画にてお話しているのでご覧ください。


世界観=フェイスコンセプト=見た目


では、ここからは世界観とフェイスコンセプトの関係についてです。

小説でいう世界観とはブログやメルマガでは
フェイスコンセプトと置き換えることができます。


フェイスとは顔、表面という意味です。

つまり、フェイスコンセプトの顔であり、
表面ということです。

小説ではテーマの次に大事なのが世界観になってきます。

この世界観とはテーマとは違い、共感と言うよりは
魅力という部分で大事になってきます。


私の例で挙げれば小説のテーマが人との繋がりです。

そして世界観はパートナー制度という、
法律が支配しているという設定です。

こういった法律が制定される中で、
主人公は逆に一人になっていきます。

この法律では自分の意志ではなく決められた繋がりを
与えられているってことなんです。

そこに気づいた主人公が本当の繋がりとは何かを模索していき、
成長していくというものです。

これはテーマを最大限活かすために考えた世界観で魅力でもあります。

つまり、世界観とはテーマを活かす魅力を
描いていくということなのです。


では、これをブログやメルマガで置き換えていくならフェイスコンセプトは
コアコンセプトを活かす魅力を描くということになります。

ちなみにコアコンセプトがあればファンができるなら、
フェイスコンセプトは別にいらないんじゃないかという疑問も出てきます。

しかし、コアコンセプトはあくまでも自分の思いや生きる意味なので、
知らない人からすると、どうでもいいと言えば、どうでもいい部分なんです。

そこで自分のコアコンセプトを知ってもらうためには、
まず魅力を相手に提示する必要があるんです。

より多くの人に知ってもらうために、
フェイスコンセプトが必要になってきます。


またフェイスコンセプトはコアコンセプトから
考えたものでなければいけません。

あくまでも、コアコンセプトを活かすための魅力ですからね。

フェイスコンセプトは魅力であり見た目を飾るもの!


ちょっとわかりづらいかもしれないので、
具体的に説明します。

これは飲食店で例えるとわかりやすいと思います。

まず庶民に親しまれるような大衆料理店があるとします。

ここのコアコンセプトが誰でも気軽に美味しい料理が
楽しめるというものだとします。

その場合フェイスコンセプトとはお店の外観だったり、
料金など見た目の部分になります。

まず誰にでも親しまれるお店が、高級料理店みたいな
綺羅びやかな見た目だったら、なんか入りづらいですよね。

そして料金が高かったら、
どう考えてもおかしいですよね。

これとは逆に高級料理店の場合は
すべてが逆になります。

どちらもコアコンセプトに
合わせたものになりますよね。

要するに自分のコアコンセプトに
マッチしてなければ意味がないんです。

まあビジネス的に言えば、フェイスコンセプトは
属性の合った人を集める集客装置という風にも言えるかもしれません。


まだイメージがつかない人のために、
最後に簡単な例を出してみましょう。

ネットビジネスを健全で一般人の人に怪しまれないようにするという
コアコンセプトがあるとしましょう。

これだけではあまり興味を持ってもらえないかもしれないので、
魅力を出すためにフェイスコンセプトを加えましょう。

なんか料理みたいな話になってきましたね。

「これだけでは美味しくならないので、
味を引き立たせるためにスパイスを加えましょう」

みたいな(笑)
って、話が逸れましたね。

ネットビジネスを健全化するためには様々なことが必要になりますが、
ここでは実際に一般人を稼がせるという体験価値を押した
フェイスコンセプトにしましょう。

1日1時間Twitterを利用するだけで、月10万円稼ぐ方法を伝授。
世の中の詐欺教材撲滅します。

まあ、今適当に考えただけなので、これで実際にネットビジネスを
健全化できるかは別として、魅力を伝えるのがフェイスコンセプトです。

例えばFacebook、Twitterなら一般人も抵抗なく利用できるし、
月10万円も現実味があります。

さらにこの手法が本当に月10万円稼げるものだとしたら、
ネットビジネスを怪しいと思っている一般人にも行動してもらえて、
なおかつ実際に稼げれば怪しいという印象は消えます。

それが様々なところで噂になり、さらに一般人が実践してってなれば、
コアコンセプトも達成できるかもしれません。

つまり、そういうことなんです!

では、ここまでがフェイスコンセプトの解説になります。

自分の世界観に共感してくれる人たちが集まる!


小説で言うと世界観がフェイスコンセプトになり、
コアコンセプトとフェイスコンセプトの違いも解説しています。

しかし、コアコンセプトとフェイスコンセプトの違いについて、
理解するのはなかなか難しいと思いますので、
さらに詳しく解説していきましょう。

フェイスコンセプトは恋愛で例えるなら人の見た目であり、
コアコンセプトは性格であり、中身の部分です。


よく美人は3日で飽きるが~という言葉がありますが、
これの真意は仮に見た目が良くても中身が伴わなければ、
飽きられてしまうということです。

しかし、世の中の常としてやはり見た目が良いほうが、
人は引き寄せられるものです。

もし、見た目も中身も伴っていれば、
人は自然と引き寄せられていきます。

当然、その中からファンもできてくるでしょう。

これはブログやメルマガにそのまま置き換えられることでもあります。

まずブログやメルマガの見た目を魅力的にして人を集めてから、
その人達に飽きられないように発信する内容も魅力的にする。


このコアコンセプトとフェイスコンセプトの2つがしっかりしないと、
軸がブレてしまい、例え人が集まったとしても飽きられてしまいます。


そういったことからも見た目と中身のギャップがないように、
コアコンセプトから導き出したフェイスコンセプトが必要です。

またフェイスコンセプトは女性が化粧をするのと同じで、
見た目を良くすることも大事になります。

ただ、何でもやり過ぎは禁物です。

見た目で嘘をつきすぎると、
幻滅されて飽きられるってことです(笑)

ぜひ、見た目も中身も人を引き寄せられるようなものを、
自分の中から発掘していきましょう。

そんなものは自分にはないと思うかもしれませんが、
誰もが引き寄せられるようなコンセプトではなくてもいいです。

あくまでも、自分の世界観に共感してくれる、
同じような考えや意思を持った人たちを
集めればいいわけです。

芸能人のように大勢の人を集める必要はありません。

最初は数人でもいいので、自分に付いて来てくれる、
ファンを作っていきましょう。

ではでは、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

またこのブログでお会いしましょう。

【無料プレゼント】ブログで稼ぐ新スタイル講座



 お名前(ニックネーム可)(必須)
 メールアドレス     (必須)
                  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ