WP QUADSの設定方法と使い方!アドセンス広告を自動で設置


こんばんは、すずみです。

今回は「WP QUADS」の設定と使い方についてです。

「WP QUADS」は記事中に簡単にアドセンス広告を
設置させることができるプラグインです。


以前は「AdSense Manager」を使ってたのですが、
それが更新を停止していまったいるので、
不具合をよく起こすようになってきました。


ワードプレスの現在のバージョンにも合わなくなり、
更新も停止しているので代替えのプラグインを
探している方も多いのかなと思います。

「WP QUADS」を使えば毎回アドセンスのコードを入力しないで済むのと、
一括編集なども楽にできて管理が非常に簡単になります。

そこで実際に「WP QUADS」の設定方法だったり、
アドセンス広告設置の使い方など総合的に解説していきます。

WP QUADSの導入方法!


まずは「WP QUADS」の導入方法からですね。

ワードプレスのプラグインなので、
簡単に導入することはできます。

最初にワードプレス管理画面の左のメニューから
プラグインの新規追加を選びます。

その後に検索で「WP QUADS」と入力すれば、
以下の画面のように表示されます。

そこで赤枠の「今すぐインストール」を押します。



その後に以下の画面の赤枠の有効化をクリックします。

これでプラグインの導入は完了になります。



WP QUADSの設定方法!


プラグインを有効化した後は設定を行っていきます。

有効化が終わった後はワードプレスの左のほうにある
管理ページのメニューに「WP QUADS」が追加されます。

そこから「WP QUADS→Ad Settings」をクリックします。



これで設定画面が表示されるので、
赤枠の「GENERAL→ADSENSE CODE」とクリックします。



「ADSENSE CODE」の画面をクリックすると、
Ad1~Ad10の項目が出てくるので、
その中から1つを選択します。

ひとまず「Ad1」で設定をしていくので、
クリックしてアドセンスコードを入力します。



「Ad1」の設定画面になったら赤枠の部分に、
自分のアドセンスコードを入力していきます。

また、中央揃えにしたいので、
以下の画像のように赤枠のボタンも押して保存します。



これだけで「WP QUADS」設定は完了になるので、
凄く簡単で便利ですね。

ここで1つ注意すべき点があります。

それは「スポンサーリンク」というラベルを
アドセンスコードの上部に記載することです。

このラベル表記を行わないと違反になるので、
必ず忘れずに入力していきましょう。

WP QUADSの記事中に広告を貼る使い方!


ここまでの設定が終わったら、「テキスト形式」で記事を書く際に、
以下の画像のように「Ads1」というショートコードが出てきます。

それをクリックすれば記事作成画面にと表示されるので、
そこに先ほど入力したアドセンス広告が表示されるようになります。



これで簡単にアドセンス広告を記事内で表示できるので、
かなり便利なプラグインですね。

ただし、これはテキスト形式での表示となるので、
ビジュアルエディタでは別のコードを記載する必要があります。

「WP QUADS」のアドセンスコードを入力した画面にある、
[quads id=1]というタグを使用します。



テキストとビジュアルエディターではコードが変わるので、
そこだけは注意しないといけない点になります。

「WP QUADS」は記事中に簡単にアドセンスコードを
ワンクリックで表示できるプラグインです。

記事中にもアドセンスコードを混ぜていくことで、
クリック率は大きく変わって収入にも大きく影響します。

アドセンスで稼ぐためには非常に便利なプラグインなので、
ぜひ、インストールして活用してください。

またその他のオススメのプラグインの解説をした
記事が以下にもあるので合わせてご覧ください。
(関連:ワードプレスのプラグインで初心者にもおすすめ13選と使い方!

ではでは、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

またこのブログでお会いしましょう。

【無料プレゼント】ブログで稼ぐ新スタイル講座



 お名前(ニックネーム可)(必須)
 メールアドレス     (必須)
                  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ