夢ノートの5つの書き方と作り方!正しい方法で目標を叶えるコツ!

yumenoto1

こんにちは、すずみです。

今回のテーマは夢ノートの作り方と正しい書き方です。

夢ノートといってもただ単に書くだけでは、
やりたいことや目標が叶うわけではありません。

そりゃ、夢をノートに書くだけで叶うなんて、
それこそ夢でしかないですからね。

そこをどうすればいいのかなどを、
じっくりとお伝えしていきます。

まずは以下の動画にてお話しているのでご覧ください。


夢ノートの正しい作り方とは?


まず夢ノートと聞いてどんなものをイメージしますか?

おそらくですが、ほとんどの人が夢や目標をノートに
書いたものを思い浮かべるのかなと思います。

よくネットとかでもそれで夢が叶うとか書かれてますが、
それだけで夢が叶ったら誰も苦労しません。

こんなこと言ってしまっては元も子もないですが、
ただ夢を書いただけのノートを見ていても、
それが達成されることは残念ながらありません。


いや、ここは現実はそれなりに厳しいですからね。

某アニメのひみつ道具のようにはいきません。

でも、これはあくまでも普通に書いたらの場合です。

実は夢ノートには正しい作り方があって、
抑えるべきポイントがいくつかあります。


それを抑えてちゃんと意識しながら書いていけば、
さすがにすぐにというわけにはいきませんが、
いずれ夢が叶っていきます。

いやいや、そんなわけないだろと思う人もいるかもしれませんが、
そもそもが人が想い描けることはすべて実現可能なことです。

人が空を飛べない時代に飛行機を開発したライト兄弟から始まり、
地球という惑星すら飛び出せるようになりました。

それに比べたら意外と自分の夢は頑張れば
なんとかなりそうな気がしませんか?

では、実際にそうなるためにどうやってノートを作るのか。

ポイントとしてはどれだけ明確にイメージして、
実現に向けて期限を決めてどう行動するのか。


こういったものが抑えるべきポイントになります。
(関連:仕事で目標を叶える計画とスケジュールの立て方!苦手も克服できる!

夢ノートの5つの具体的な書き方!


では、実際にどうポイントを押さえながら書いていけばいいのかを、
具体的な例を上げながら話していきたいと思います。

それぞれ5つのポイントに絞って以下に記載していきます。

1.明確にイメージして期限を決める


まず先ほども少し触れましたが、
どれだけ明確にイメージできるかが大事です。

またその際に実際に自分がいつまでにどんな行動をすれば、
叶いそうなのかをさらに明確にしていきます。


例えばですが、ノートに「ダイエットをして痩せたい」と書きます。

実際はこれではそう思ってるだけで、
達成することはほぼないと思います。

これを叶えるためにはどう書いていくのか。

「夏に向けて3ヶ月後の7月30日までに体重を3キロ痩せる。
そのために炭水化物抜きダイエットを実践する。
1ヶ月目は習慣化させるために徐々に炭水化物を抜き、
2ヶ月目はこうして、3ヶ月目はこうしていく」

まあ、仮なのでそこまで具体的ではないですが、
実際にダイエットするための情報を調べたりして、
そこから具体的にどうやって3キロ痩せるのかを、
方法まで明記していく必要があります。

他には「ネットビジネスでお金持ちになりたい」と書きます。

これも当然ながらお金持ちどころか、
1円も稼げない可能性が高いです。

実際にネットビジネスで稼ぎたいと思ったら、
夢ノートにはもっと具体的にイメージして書きます。

「6ヶ月後の9月30日までにネットビジネスで月収10万円を突破する。
そのために方法はトレンドアフィリエイトで毎日1記事は絶対に書く。
1ヶ月目は検索エンジンでまだ上位表示できないから、
3ヶ月後に上位表示するのを予測して季節系のネタを先取りしていく」

まあ、後半はトレンドアフィリエイトを実践してる人じゃないと、
何を言ってるのかわからないとは思いますが、具体的にどうやって稼ぐのか、
その方法から期間なども含めてイメージして書いていきます。

2.夢が叶った時の感情をイメージする


これはノートを書く際にも効果的なんですが、
頭の中で感情すらもイメージしましょう。

どういうことかというと、夢をノートに書き込む際は、
それが叶った時の感情も想像しながらやると良いです。

(関連:セルフイメージを変えて高める方法!潜在意識から書き換えるコツも!

具体的にイメージしてノートに書いていったとしても、
こんなのどうせ無理だよと思いながら書いていては、
逆にこんなことは自分では出来ないと自己洗脳をかけてしまいます。

そんなのただの妄想だろって思うかもしれませんが、
意外とノートに書きながら達成したときの感情も思い浮かべると、
段々と楽しくなってきたりします。

よく宝くじが当たったら何を買って、何をしようかを考えると、
完全に妄想ではありますが楽しくなってきますよね。

このプラスな感情を持って書き出すということが重要になります。

この楽しいという感情を妄想でも得ることで、
脳は次第にこれをやらなければいけないと認識して、
実際に叶えないと満足できなくなってきます。


これは自己洗脳にも近い物ではありますが、
自分にとって理想の未来に近づけるなら、
どんどん活用していくべきですよね。

人間は基本的には怠けてしまう生き物ですから、
これぐらいしないと現状を変えることはできません。

最初は面倒に感じるかもしれませんが、
次第に少しづつでも行動することで、
習慣となって気づけば夢が叶っています。

具体性、期限、感情というものを意識して、
夢ノートを作っていきましょう。

3.ノートを1日1回は見返す


ノートを毎日見るというのは、
意外と効果が高いです。

ただ見るだけで夢が叶うなら苦労しないと思うかもしれませんが、
毎日見ていると不思議と実現しないといけないようが気になってきます。


実際に夢ノートを時間をかけて作ったのだから、
放置しておくことは居心地が悪くなります。

これは一貫性の法則も働くからではありますが、
そこまでしてようやくやる気というものは出てきます。


それぐらい夢を叶えるというのは大変なことであり、
怠けてしまう気持ちを払拭するためには、
毎日繰り返し見るぐらいじゃないとダメです。

ただ、これは逆を言えば毎日繰り返し見るだけで、
現状との差がハッキリと認識させられるので、
自然と行動するようになります。

ここまで書くとなんだか面倒臭いなとか思うかもしれませんが、
本当にやりたいことがこれぐらいで叶うなら良くないですか?

もし、今の現状に不満があるなら、
ぜひ試してみてください。

4.新たな夢を書き足していく


これは追加ではありますが、
その場で思いついたやりたいことなどを、
随時書いていくようにしましょう。

夢ややりたいことって意外とその場では
思いつかなかったりするものです。

ふとしたときに「あっ、そういえばこれやりたかった」とか、
何か思いついたら、どんな些細なことでもいいので書いていきましょう。


ちょっとした目標とかでもいいので、
書き足していくことが重要です。

これはなぜかというと、小さな目標でも叶うと、
大きなモチベーションになるからです。

小さなことからコツコツと頑張っていくことで、
意外とやれば叶うものなんだなと思い始めるので、
気づけば大きな夢も達成していたりします。

5.どんな小さな夢でも叶ったらプチご褒美


やっぱり人は何か頑張った先にご褒美がないと、
なかなかモチベーションが続かないものです。

先ほど小さな目標とかでも書いてくださいと言いましたが、
これはプチご褒美でモチベーションを上げるためでもあります。
(関連:挫折や失敗から立ち直り乗り越える方法と逆境から成功への道!

夢ノートにわかりやすいように、
日付入りで達成とか書くと効果的です。

毎日見ているノートに達成したものがあると、
かなり嬉しいですし、やる気に繋がります。


ここまで5つの正しい夢ノートの作り方についてご紹介しましたが、
普通にただ書くだけではダメな理由もわかってもらえたかなと思います。

でも、こういったことを意識してやるだけで、
自然と叶うようになるとなれば、やらない理由はないはずです。

ぜひ、興味があれば活用してみてください。

また、夢を叶えるためにはある程度は、
資金を貯めることも必要です。

そのための具体的なやり方などは私のメール講座で発信しています。

・副業で稼いでみたい
・趣味や好きなことで収入を得たい
・今の現状を変えたい


など、これから人生を楽しみたいという前向きの方は
以下のメール講座でお会いしましょう!



 お名前    (必須)
 メールアドレス(必須)
             

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ