トレンドアフィリエイトで芸能以外のネタ選定と月間検索数の調べ方!



こんにちは、すずみです。

今回はトレンドアフィリエイトで芸能以外のネタ選定と
月間検索数の調べ方についてです。

トレンドアフィリエイトでは芸能系の記事などは
月間検索数を調べる必要はあまりないです。

なぜなら、もとから話題性があることなどは事前にわかるし、
新しいキーワードなどを狙っていくので、それ以前の検索数は
参考にならないし、そもそも検索もされていません。

ただ、芸能以外の季節系の記事とか、
年間でアクセスのあるネタを狙う場合は
月間検索数は重要になってきます。


季節系の記事なら前年度のいつ頃にどれぐらいの
月間検索があったのかを調べて参考にするのは大事です。

ただ、あまりマニアックな季節行事とかではなければ、
アクセスがあるのは調べなくても、ある程度はわかります。

月間検索数を事前に調べるのが重要になってくるのは
年間でアクセスのある記事ネタを探す時です。


年間を通して月にどれぐらいのアクセスがあるのか
事前に確認してからでないと意味がありません。

これはキーワードプランナーなら簡単に調べることができましたが、
今は機能が制限されていて、AdWords(アドワーズ)で広告を出稿して、
広告が何百円分かクリックされなければ復活しません。

ちなみにこの方法に関して以下の記事で解説しています。
(関連記事:キーワードプランナーの仕様変更後の使い方!使えないのを復活!

ただ、この方法は月にいくらかお金がかかるのと、
広告を出稿する作業が面倒という難点があります。

そこで今回はキーワードプランナーを使わずに、
無料で調べていく方法を解説していきます。


まずは以下の動画にてお話しているのでご覧ください。


芸能系以外のキーワード選定を無料で調べる方法!

ここからは実際に季節系とか年間でアクセスのあるキーワード選定を、
キーワードプランナーを使わずに無料でするやり方についてですね。

季節系の記事のやり方!


まず、季節系の記事を書く際のキーワード選定をしていきます。

例えばですが、「隅田川花火大会 穴場」を狙っていきたい場合は
どうやってキーワードプランナーを使わずに月間検索数などを調べていくのか。

まず、「Googletrend」というサイトを活用していきます。

「Googletrend」で検索欄に先ほどのキーワードを入力していきます。



すると、以下のような検索結果が表示されので、
以下の赤枠の「過去5年間」をクリックしていきます。



その後に前年度のトレンド指数を表示させるために、
以下の赤枠をクリックしていきます。



すると、前年度の日付ごとのトレンド指数が「0~100」で表示されます。



「隅田川花火大会 穴場」の場合は7月24日~31日の間で
トレンド指数が「100」になるので、この間のアクセスが多いということです。


そして他の日付はほとんどトレンド指数がないので、
アクセスがないということがわかります。

このトレンド指数でだいたい年間で
どの月にアクセスがあるのかなど、
ある程度は把握することができます。


これを調べた後は実際に月間検索数が
どれぐらいあるのかを調べていきます。

月間検索数を調べていく方法は
aramakijake」というサイトで調べられます。


このサイトで「隅田川花火大会 穴場」を調べると以下のように表示されます。



「Yahoo」だと5280、「Google」だと4840の月間検索数があります。

ただし、これは年間を通しての月間検索数が表示されていたりするので、
実際は以下のような検索数になっています。



ここから考えられるのは季節系の記事の場合は
「aramakijake」で表示されている月間検索数は
1番検索される月ではもっと多いというのがわかります。


7月は33100は月間検索数がありますからね。

季節系の記事に関してはトレンド指数と
「aramakijake」の月間検索数を見ながら、
だいたい把握する感じです。

年間でアクセスのある記事のやり方!


基本的には先ほどの季節系の記事で解説したやり方と同じですが、
年間でアクセスのあるネタを探す時のほうが有効的です。

では、先ほどと同じように年間アクセスのある記事ネタとして、
「折り紙 箱」というキーワードで選定していきます。


まずはGoogleトレンドで2016年のトレンド指数を調べると以下になります。



これを見るとトレンドの指数は1月の終わりは少し高いですが、
他の月はほとんど横ばいなので、どの月も検索数は一定してあるのがわかります。


こういったグラフの場合は年間でアクセスのある
記事だということがわかる
わけです。

では、年間でアクセスのあるキーワードだというのがわかった後は、
実際にどれぐらいの月間検索数があるのかを調べていきます。



「Yahoo」は48600、「Google」は44500の月間検索数があり、
トレンドの指数を見ても1年間を通してアクセスは安定しています。

ということは、「Yahoo」は48600、「Google」は44500が、
年間を通して一ヶ月のアクセス数はこれぐらいあるというのがわかります。


ちなみにキーワードプランナーは以下のような数字になっていて、
だいたい予測した通りの検索数になっていることがわかります。



こういった調べ方をすればキーワードプランナーを使わなくても、
だいたいの数字はわかるので、問題ないですね。

キーワードプランナーの制限をなくすのが面倒なら、
この方法で調べていきましょう。

ではでは、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

またこのブログでお会いしましょう。



 お名前    (必須)
 メールアドレス(必須)
             

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ