3つのONEとは?ワンメッセージ・ワンマーケット・ワンアウトカム

mitu1png

今回はコピーライティングのスキルでは
基本となる3つのONEについてです。

コピーライティングを学んだことがない場合は
3つのONEってあまり聞いたことがない言葉だと思います。

3つのONEとは以下のことですね。

One Market(ワンマーケット)
One Message(ワンメッセージ)
One Outcome(ワンアウトカム)


これはセールスレターを書く際に大事な知識となります。

セールスレターとは商品を売るためのページのことですが、
その際に3つのONEを意識して作らなければいけません。


この3つのONEに基づいて作らないと、
商品が売れるかが大きく変わっていきます。

では、それぞれ3つを解説していきます。

まずは以下の動画にてお話しているのでご覧ください。


One Market(ワンマーケット)


ワンマーケットというのはどういう意味かというと、
1つの市場に絞るということです。

セールスレターを書く際に当たり前ですが、
1つの市場に絞って明確にしていく必要があります。


これを言うと、当たり前のことだし、
意識するまでもないと思うかもしれません。

ただ、この絞るという作業を徹底的に行っていく必要があります。

例えばですが、ダイエット教材を販売したい場合は
それが欲しい人たちに向けた内容にする必要があります。

それ以外の人にも読んでもらえるような万人受けする内容ではなく、
それを欲しい人だけが反応するような文章を入れたりとかですね。

ダイエットにしても様々なジャンルがあり、
置き換えダイエットなど食事中心のものなのか、
それとも運動をして痩せていくものなのか。

それだけでもセールスレターの内容はまったく違うものになり、
その教材が欲しい層もまったく変わってきます。

ワンマーケットとは大まかな市場だけではなく、
もっと細かく明確に絞っていくことです。

One Message(ワンメッセージ)


セールスレター1つに対して読者に伝える
メッセージは1つにする必要があります。

自分がオススメしたい商品ならば、
その魅力をいっぱい伝えたいと思います。

ただ、あれもこれも伝いたいメッセージを書くと、
読んでいるほうも結局何が魅力なんだろうと混乱します。

人は混乱した状態だと行動することを避けるので、
それは購入しないということに繋がります。

そのためセールスレターでは伝えるメッセージは
1つに絞っていかないと商品は思うように売れなくなります。


もちろん、これは1つの魅力しか伝えないということではなく、
商品の魅力をいろいろと伝えていく中で、
何を1番重視するのかを決める必要があるということです。

その伝えたいメッセージを軸として、
セールスレターを構成していきます。

全部を読んでいく中で最終的に1番伝えたいことが、、
読者にもちゃんと伝わっているのが理想です。


また、そのメッセージも商品の魅力の中で伝われば、
1番利益に繋がるものでなければ意味がありません。

そこは市場や商品、それを欲しい読者のことを考えて、
慎重に決めていく必要がありますね。

One Outcome(ワンアウトカム)


ワンアウトカムはセールスレターの
出口を1つにするということです。

1つの商品や教材を売るとしたら、
最後はその商品の購入リンクのみを置きます。


途中で他の商品の購入リンクだったり、
何か別の記事のリンクなどを置かないようにします。

要は最後の購入リンクまでは余計な出口を作らずに、
離脱させないようにするのが大事ということです。


欲を出していろいろな商品を紹介したりとか、
別で商品の紹介ページとかを置かないようにしましょう。

別に出口を作ってしまうと意識が分散されて、
セールスレターに集中できなくなりますし、
そのままページを閉じてしまうこともあります。


ただ、独自商品などの場合は特商法など記載が必要で、
そういった必ず必要なリンクに関しては設置しましょう。

セールスレターは内容も大事ですが、
その前に知っておくべきことがあります。

その1つが3つのONEであり、
大事な部分なので覚えておきましょう。

しかも、知識として覚えておくだけで
役立つのものですからね。

ぜひ、3つのONEを意識しながら書いてみてください。

ではでは、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

またこのブログでお会いしましょう。

【無料プレゼント】ブログで稼ぐ新スタイル講座



 お名前(ニックネーム可)(必須)
 メールアドレス     (必須)
                  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ