夢の作家デビューと挫折物語

tosyo

~目次~

第1章 小説家デビューからの挫折と気ままな暮らしを手に入れるまでの軌跡!

第2章 自分らしく生きる旅路の始まり~そして芸能界へ~

第3章 本当は怖い就職至上主義~鬼怒川の中心で就職決別を叫ぶ~

第4章 追えば逃げるお金と追えば近づく時間の価値は?

第5章 夢の作家デビューと挫折物語 ←現在ここ
 
 


こんにちは、すずみです。

ここまで高校時代、大学時代、家庭教師時代の話をしながら、
就職、仕事、お金、時間、ビジネスなど自分らしく生きる力を得るために、
必要な考え方をなどをお伝えしてきました。
 

多少強めに言ってしまった部分もありますが、
現実は搾取する側とされる側の構図があり、
人生を楽しむためにはいろんな知識を学ばなければいけません。
 

まずは以下の動画にてお話しているのでご覧ください。


運を天に任せて変化を待つよりも自分で掴み取る未来!


自分らしく好きなことをするためには、
どうしたってお金が必要です。


私はその手段として個人で起業することを選び、
ビジネスを1から学んでいきました。

その結果ようやく手に入れた生活であり、
何もせずに今の自分があるわけではありません。
 

会社に就職して労働力という対価でお金を得ることは
ちょっと言い方は悪くなってしまいますが誰でもできることであり、
そのぶん最低限の賃金しか得られません。


そこを脱却するためには受験勉強と一緒で、
お金を得るための勉強をしなければいけません。


まあこれは当たり前のことですよね。


受験をするのに何も勉強しないで挑む人はいません。
 

特にネットビジネスでは知識は重要であり、
きちんと学べばそれだけでお金を得ることもできます。


情報や知識は必要な人にとっては対価を払ってでも
知りたいことであり、それが情報ビジネスと呼ばれるものです。
 

ちなみに情報ビジネスと聞くと怪しく感じる人もいますが、
例えば英語を学ぶ際に英語教室に通ったりしますよね。


その際にお金を払うの当たり前であり、
特に怪しいとかは思いませんよね。
 

でも、英語を教えるということは知識を教えることであり、
情報ビジネスだということです。


要するに英語を学びたいのか、
それともビジネスを学びたいのか。


知りたい情報や知識が違うってだけです。
 

よく契約社員で給料が少なくて、結婚もできないし、
その日を暮らしすらままならなくて正社員を目指している
みたいな人をテレビ番組とかで特集していますよね。
 

そういう番組ってやたら悲惨な状況を演出したりしていますが、
そんなにお金に困っているだったら、ただ正社員になれないかと
運を天に任せて待つよりも、自分で行動してお金を稼ぐための
知識やスキルを学んで行動に移したほうが早いです。
 

ビジネスを学んでネットを活用すればお金を得ることは何も難しくないですし、
悲惨な状況を我慢して変化を待つなんて、よくよく考えてみたらあり得ないですよね。
 

英語が話せるようになったらなと思ってるだけでは、
絶対に英語は話せるようにはならないのと同じで、
お金欲しいなと思ってるだけでは絶対に得ることはできません。


偉そうに言ってはいますが、私もこういったことを
強く思いようになったのにはキッカケがあります。
 

夢の作家デビューの後に待つ挫折から先へ


私は現在も作家としての活動も続けていますが、
過去に2冊の小説を出しています。

1冊2万部以上とそれなりに売れはしましたが、
小説の印税って良くても売り上げの10%ぐらいです。

新人とかなら8%とか6%とかもあります。
 

確かに出版会社が金銭的なリスクは全て持ってくれていますが、
それにしたってコンテンツを生み出した本人が消費税ぐらいの
印税しかもらえないのはあまりにも酷すぎますよね。

私も本を出版した印税なんて数百万とかです。

小説を1冊書くのに半年ぐらいかかって、
それが確実に出版される保障がないわけです。

それでこの金額は夢がなさすぎます。
 

ただ金銭的な面を除けば物凄くやりがいもあるし、
出版されたときは他では味わえない満足感があります。

自分の思いを何かしら込めたものが本屋に並び、
それを読んだ人に何かしらの良い影響を与える。

そして実際に感想の手紙とかも来たりします。
 

人によっては本1冊が人生に影響を与えることも
少なくないわけです。

ここは確かにお金には絶対に変えられない部分ですが、
実際にはそれを書くためには生活をしなければいけません。
 

小説も専業でやっている人なんて本当にごく一部の人だけで、
他は仕事で疲れていながらも、自分の時間を使って書いているわけです。

これって実はかなり大変なことです。

サラリーマンなど労働力で対価を得るためには、
拘束時間が最低でも7~8時間あるわけです。

そこに残業やらなんやらを加えればもっと長いですね。
 

そうなってしまうと自由な時間に
いろいろとやらなければいけないこともあり、
やりたいことをする時間はどんどん短くなります。


しかも、疲れている中でそれをするのは本当に大変です。
 

私もサラリーマンとして働きながら小説も書くとなると、
きっと時間的にも精神的にも切羽つまっていて、
面白いものを書ける自信はありません。
 


私は夢の作家デビューをした後に、
すぐにその先の挫折も味わうことになりました。


このまま本を書き続けるためには、
時間も収入も必要な状況になったわけです。
 

自分力で時代を楽しむために学ぶべきこと!


前にも話しましたが好きなことを仕事にしても、
それで十分稼げるかどうかは別です。
 

では、好きなことをやり続けるためにはどうすればいいのか。

・好きなことを何とかして暮らしていけるだけの利益を出せるようにする

・好きなこと以外で自由な時間を取れる仕事かビジネスでお金を稼ぐ

どちらにしても現状を変えるために行動しなければいけません。
 

私は高校の頃から自分にしかできないことを探して、
その1つが小説を書いて出版することでした。


もちろんそれ以外にもやりたいことはいっぱいありますが、
少なくても今では私には外すことのできない大事な1つです。
 

そのためには小説をもっと売れるようにするか、
それとも別のことで収入を得るのかになります。


小説が売れるようになるためにはまず出版しなければいけないし、
内容も面白くないといけないし、さらに時間もかかるなど
不確定要素があまりにも多いです。
 

それならば他のことで収入を得るという選択肢が残り、
私はビジネスを学んで起業しました。
 


ここで大事なのはネットビジネスでは
楽をして稼げるといまだに思い込んでいる人がいて、
普通に考えて現実なら楽をして稼げることなんてありませんよね。

それはネットビジネスだって同じです。

ビジネスでネットを活用するということだけで、
普通に知識やスキルを学ばないと稼げるわけがないです。
 

ただここで問題になってくるのが知識だけを学んで、
それをお金に換えるためのビジネスの原則を知らない人です。
 

ちなみに稼ぐための知識を学ぶだけ学んで、
それで満足して実行に移さない人も大勢いますが、
これは言うまでもなく論外です。


知識もあって行動に移している人が稼げない理由は
ビジネスの原則を学んでいない人です。



知識、ビジネスの原則、それを活かすライティングなど
複合的に必要なものだけを学ぶことで稼げるようになります。
 

本気で自分らしく楽しみながら自由に生きたいならば、
それ相応の知識を学ぶ必要があり、私はそういったことを
メルマガなどで具体的に詳しく教えています。
 

もし、興味があればメルマガを読んでみてください。

【無料プレゼント】ブログで稼ぐ新スタイル講座



 お名前(ニックネーム可)(必須)
 メールアドレス     (必須)
                  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ