自己投資を20代から始める3つの秘訣!貯金を優先してはダメな理由

jikotousi1


こんには、すずみです、

今回は自己投資を20代から始める際の
3つの秘訣についてですね。

自己投資というのは社会人になったら必須であり、
貯金を優先している場合ではないです。

とりあえず貯金という目先の利益に捕らわれてしまい、
その先の未来の大きな利益を逃すことにもなりえます。

特に20代前半から自己投資をすることで、
30代から一気に開花していくものです。

こういった部分などを詳しくお伝えしていきますね。

まずは以下の動画にてお話しているのでご覧ください。


自己投資と無駄遣いの違いとは?


まず前提としてどういったものが自己投資なのか。

この定義はかなり曖昧であり、
それを無駄遣いだと思う人も結構います。

では、どこからが自己投資でどこからが無駄遣いなのか。

例えばですが、女性なら投資の1つとして、
自分磨きとうものがありますよね。


最近では「女子力」と言ったりしますよね。

料理教室に通ったり、お茶を習ったり、着物の着付けとか、
あとは歌舞伎鑑賞とかもあるそうです。

ちなみに、この中で自己投資と言えるのは
料理教室に通うことぐらいですね。

これはなぜかというと、後ほど解説しますね。

男性の場合の自己投資に多いのが啓発系ですね。

ありがちなのは自己啓発系の本を読み漁ったり、
セミナーに参加してみたりとかですね。

あとは男女共通であるのが資格を取るとかですかね。

これも仕事に関係するものに関しては
確実に身になってるので投資と言えるとは思います。

でも、仕事と関係なかったり、なんだかわけのわからない資格や
難関な資格をちょっと勉強して、やった気になったりする人もいますよね。

見方によってはいちおうすべて自己投資と言えばそうだし、
ほとんどが無駄遣いや自己満足とも言えます。

こうなると結局は何が良くて、何が悪いのかの境は
どこにあるのってなりますよね。

この境は投資したことのゴールが明確に見えているかと、
投資した分のリターンがあるのかです。


投資というのはお金を使って増やすことであり、
無駄遣いというのは増える可能性のない消費をするということです。

それならば自己投資というのは「お金、知識、時間、健康」など、
将来的に財産を増やす可能性のあるものに使うということです。

例えば先ほども言いましたが、
料理教室に通うことは自己投資と言えます。

なぜなら、料理が上手くなることで、
下手な人よりも男性には喜ばれるわけです。

男性は結婚する際に重視することの中に、
料理が上手というのがあるわけです。

そうなればより自分の理想の男性と
結婚できる可能性が高くなるわけです。

もちろん、お茶を習ったり、着物の着付けなども、
自分の今の状況で財産となる可能性があり、
必要だと明確にイメージできているなら問題ありません。

ただ、問題なのはなんとなくこれをやっておけば、
自分を磨くことになるとか、女子力が高くなるなど、
曖昧な感じで始めるのは無駄遣いになるということです。

また男性の場合は自己啓発系の本を読んだり、
セミナーに行くこと自体は良いと思います。

しかし、なんとなく成長できると思うからという理由だと、
それはほとんどの場合は無駄遣いになってしまいます。

はっきり言って、自己啓発の本をやたら読んだり、
セミナーにやたらと行く人は大概が学んだ気になって、
成長していると思い込んだり、自己満足の人がほとんどです。

そもそも自己啓発というのは財産を増やすという目的を持って学ぶと、
本やセミナーで言ってることはだいたい同じだと言うことに気づきます。

その状態までいけば大事な考え方は身についているので、
やたらに本を読んだり、セミナーに行くこともなくなります。

要するに、自己啓発を学ぶことに対して明確な目的やゴールがあって、
財産として増やすきっかけにならないと意味がありません。
(関連:夢ノートの5つの書き方と作り方!正しい方法で目標を叶えるコツ!

このように投資と無駄遣いの差は
意識によって変わるということです。


20代は貯金よりも自己投資をしたほうが良い理由!


ここからはなぜ自己投資をしたほうが良いのかなど、
理由なんかをいろいろとお話ししていきますね。

まずは重要性を知らなければ、
なかなか実際に行動できませんからね。

先ほどは自己投資とはゴールが明確に見えているかと、
投資した分のリターンがあるのが大事と言いました。

例えば会社で働いてるなら、仕事を円滑に進めるようになったり、
作業効率が上げられるようになったり、出世への近道になるようなことが、
自己投資によって得られるものでなければいけません。

実は自己投資は20代で出来れば若いうちから始めたほうが、
後になって効果が如実に出てきます。


これは若いときはまだ意識や考え方を
柔軟に変化させられるからです。

逆に会社で長い間働いていると、
考え方が凝り固まってしまう場合が多いです。

結局は会社でお金を稼ぐためには出世する必要があり、
そのためには他の人と同じことをしていてはいけません。

会社に対して有益な人材として認められるためには、
やはり成長しなければいけません。

ただ、ぼんやりとしていてはダメですし、
明確な目的を持って自己投資しなければ、
成長することはできません。

最近は浪費を避けて貯金する人が多いそうですが、
それは目先の利益に捕らわれていて未来が見えていません。


確かに貯金をすればその場ではお金は残ります。

しかし、残るだけであって収入自体はなかなか増えていきません。

20代のうちに成長するためにお金を使っていかないと、
30代になって収入に大きく影響していきます。

特に今は中間層の収差の差が広がっているので、
会社の中でもいつまでも経っても給料がほとんど変わらない人と、
どんどん出世して収入を伸ばす人との格差は大きいです。

要は何が言いたいのかというと、
20代をどう過ごすかで今後の人生が変わるということです。

若いうちから貯金をして自己投資を怠っていると、
結局はその後にそこで頑張った人にあっという間に、
地位もお金も越されていきます。


またこれは社会人ではなくても同じことで、
ネットビジネスにしたって自己投資は必須です。

ネットビジネスではよく意地でも無料で稼ごうとする人がいますが、
ハッキリ言ってお金を出して教材や情報を得たほうが圧倒的に稼ぎやすいです。


これは知識やスキルへの自己投資なわけであり、
ここをケチっているといつまで経っても稼げません。

いや、本当にこれは今までの経験からも間違いないです。

またネットビジネスの場合は大学生のうちから始めたほうが、
自由な時間と行動力や頭の回転も速いので成功しやすいですね。

今の時代は昔と違って自分で考えて行動して、
常に向上心を持って成長しなければ、
変化に対応することができません。
(関連:現状維持は後退である!バイアスを外して衰退から抜け出す方法!

そこで将来が不安になって貯金をするのもわかりますが、
それでは問題は一向に解決しません。

それよりも自己投資をして様々な部分で成長して、
地位も名誉もお金も勝ち取るぐらいの意気込みでいきましょう。

自己投資を実践するための3つの秘訣!


自己投資には様々なものがありますが、
その中でも効果的なものを3つご紹介します。

1.資格系のスキルを学ぶ


これは一番わかりやすいですね。

資格が必要な職業なども多いので、
仕事に直結するということですね。

今なら医療事務、介護福祉士、社会保険労務士など、
資格を得ることで初めて仕事ができるものでね。

ただし、非常に難しくて自分には取れそうにないものを、
なんとなくやった気になるために学ぶのは止めましょう。

それは意味のない投資になるので、
現実的に自分に合ったものから選択しましょう。

2.仕事に関わることを学ぶ


仕事に直接関わることを学ぶことで、
出世に近づき収入も上がりますよね。

ちなみに仕事に関わることは多岐に渡りますが、
例えば英会話を学ぶことで仕事に幅が広がります。

他にも営業とかならトークスキルを学んだり、
テクニック的なものを勉強すれば出世に近づきます。

このように大事なことは自分の現状を把握して、
何が必要なのかをきっちりと理解することです。

人によって何が費用対効果が高いのかは変わるので、
そこを意識するのが大事ですね。

3.副収入を得るために学ぶ(オススメ)


今は会社の収入だけでは厳しいということもあり、
副収入を得るために副業をする人も増えています。

会社も副業をしてもいい場所も増えています。

また最近では難しい資格を取って仕事に就いても、
結局は個人の力次第というところがあり、
収入も普通のサラリーマンと変わらないことも多いです。

またキャリアップをしたとしても、
仕事が大変になるだけで給料が
ほとんど変わらないこともあります。

ここは不景気ということもあり、本当に上の役職にならないと、
たいして給料が変わらないということですね。

それならば今はインターネットを活用することで、
ブログで稼いだり、副業で稼ぎやすい環境が整っています。

資格の勉強をしたり、キャリアアップのための努力をしても
稼げない可能性があり、さらには長い時間がかかるものよりも、
より短期間で努力もある程度すればいい副業のほうが費用対効果が高いです。


今の時代だからこそ、オススメしたい自己投資の秘訣ですね。

ではでは、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

またこのブログでお会いしましょう。



 お名前(姓) (必須)
 メールアドレス(必須)
             

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ