自己啓発の意味と具体例文は?仕事で目標を叶える本当の使い方!

jikokei1

こんにちは、すずみです。

今回は自己啓発の意味と具体例についてです。

自己啓発にはメリットとデメリットがあり、
上手く活用する分には非常に有用ですが、
のめり込み過ぎるのもデメリットがあります。


ただ、メリットとして仕事で目標を叶える際や
モチベーションを上げたりなど上手く活用することが重要です。

そこで自己啓発を活用して仕事で目標を叶えるために
どう使っていけばいいのかや例文なども解説していきます。

まずは以下の動画にてお話しているのでご覧ください。


自己啓発の意味とは?


そもそも、自己啓発とはどういう意味があるのか。

ビジネスマンなら自己啓発の本などを読んだことがある人も多いと思いますが、
そもそもどんな意味があるのかを教えて欲しいと言われたら困りますよね。

なんとなく意味合いはわかるけど、
言葉にして説明するのは難しいですね。

自己啓発とは自分の力で能力を高めたり、
精神的にも成長を目指していくことです。


ただ、言葉の意味合いとしては上記の通りなんですが、
実際は本来の意味合いとは少し変わってきます。

これだと勉強したり、運動したり、自分を磨いたり、
すべてが自己啓発ということになってしまいます。

現状では自己啓発は精神論というか、
成功の法則のような感じで捉えられていますね。

自己啓発本とかも最近ではよく売れていますが、
ビジネスマンなら成功するための思考法とかを得たりします。

またサラリーマンでも仕事でのモチベーション維持とか、
仕事を上手く進めるために読んでいたりしますね。

要は心の成長が能力の向上に繋がるものが自己啓発であり、
様々な成功者の考え方とかを学んで仕事などに活かすものです。


最近は自己啓発セミナーとか怪しげなものもあり、
洗脳的なことをしてるなども聞いたりします。

そのせいか怪しげなイメージを持ったり、毛嫌いする人もいますが、
本来は心の成長と能力の向上を促すものであり、
活かし方によっては非常に有用なものです。

自己啓発の具体例とは?


では、実際に自己啓発を仕事に活かすにためには
いったいどうすればいいのかを解説していきます。

まず、自己啓発を学ぶための具体例は以下があります。

1.ビジネス本・自己啓発コーナーの本を読む
2.講演会やセミナーを聞く
3.メンターのコンサルを受ける
4.身近にいる社長や経営者などに話しを聞く
5.どのジャンルでも関係なく成功してる人の話を聞く


この他にも自己啓発を学ぶ方法はありますが、
だいたいはここで記載した方法になりますね。

1.ビジネス本・自己啓発コーナーの本を読む


1番手軽なのは成功者のビジネス本や
本屋にある自己啓発コーナーにある本を読むことです。

本屋にあるビジネス本は基本は自己啓発を学べるものであり、
自己啓発系の本が並んだコーナーなんかも大きい本屋ならあります。

ただ、様々な本が並んでいるので、
どれを読んだらいいのかわからないこともあります。

実はこういった自己啓発系の本で言っていることは、
本質的には一緒なことが多いのです。

もちろん、それぞれ成功体験をもとに話してるので、
内容は違いますが、本質的には大事な部分は変わらないです。


この辺は後で解説しますが、それなりに売れているビジネス本で、
ちょっと読んでみて自分に合いそうなものを選べばいいです。

自分と合わない本では読んでいて苦痛ですし、
大事なことが頭に入っていかないです。

そこで自分に合いそうなものを選べば、
成功者の思考などがより学びやすくなります。


他にもセミナーに出たりするのも手軽ですが、
どれも今すぐやらなければいけないことではありません。

講演会やセミナーを聞く


自己啓発系の講演会やセミナーは都内とかだと、
いろんな場所で結構開催されています。

大規模のものから小規模のものまで様々ですが、
あまり大々的に告知はされていないことが多いですね。

だいたいはセールスページで大人数を集めるものや、
個人のHPやメルマガで告知するパターンが多いですね。

個人のものなら基本的には、その人をある程度知っていると思うし、
興味を持っているということなので、参加するのは有用です。


ただ、自分があまり知らない人の自己啓発セミナーや
評判が良くないものなど詐欺的なものもあります。


集団心理を利用した洗脳的なことをするものもあるので、
評判が良かったり、自分が信用してる人の講演会やセミナーに
参加するのをおすすめします。

メンターのコンサルを受ける


メンターとは仕事上人生の指導者、助言者のことです。

メンターは自分が尊敬している相手ということで、
自己啓発を学ぶ相手としては最適です。

ただ、メンターが自己啓発のセミナーとかをしていればいいですが、
基本的にはあまりそういったことはないと思います。

その場合はメンターのコンサルを受けることで、
自然と思考法などを学ぶことが出来るので、
本やセミナーなどよりも非常に有用です。


ただし、メンターが有名だったり、稼いでいる場合は
金額がかなり高くなるので、そこは覚悟しないといけません。

そもそも、コンサルをしないという場合もありますからね。

身近にいる社長や経営者などに話しを聞く


身近にいる親戚、友達、知り合いなどに社長や経営者がいれば、
いろいろと聞いてみるというのも手です。

会社やお店の大小は関係なく自分の力で稼いでいる人の
考えなどを聞くと意識の違いなどを感じると思います。


それが自己啓発を学ぶ上でも重要で、
きっと役立つと思います。

どのジャンルでも関係なく成功してる人の話を聞く


最後はビジネスマンでなくても、
どんなジャンルでもいいので、
成功者の話を聞くことです。

ビジネスではなくてもスポーツ、音楽系、芸術などで、
ある程度でも成功してる人の話を聞くことも有用です。


ジャンルは違うにしても成功するということに関しては
共通点がいろいろとあるものです。

自分にとって意外な気づきや転機になったりすることもあり、
今までビジネス本とかビジネス関係のことしか学んでない人は、
視野を広げるためにはジャンルが違う成功者と話すのは有益です。

仕事で目標を叶えるための本当の使い方と例文!


ここまで自己啓発の意味や学び方など解説していきましたが、
仕事で目標を叶えるために活かすための使い方があります。

自己啓発を学ぶことは自体は良いことなんですが、
使い方を間違えると逆にデメリットになることがあります。

まずはデメリットにならないように注意が必要です。

そのデメリットとは以下ですね。

1.自己啓発を学ぶことが目的になっている。
2.ビジネス脳になったり視野が狭くなる。


それでは、それぞれ詳しく解説していきますね。

1.自己啓発を学ぶことが目的になっている


自己啓発とはそもそも心の成長や能力の向上をするもので、
そうすることによって仕事で目標を叶えたり、
何かしらの目的を達成するために学ぶものです。

ここで大事なのは自己啓発とはあくまでもサブ的なもので、
自己啓発を学ぶことを目的としてしまうのはあまりよくありません。


自己啓発フリークとでも言えばいいのか、
ビジネス本を読み漁ったり、セミナーにいろいろと出たりして、
自分が成長してるような気になっている人をよく見かけます。

これは後で詳しく解説しますが、
何かしらの目的を持って自己啓発を学んでいかないと、
ぼんやりして心の成長も能力の向上も見込めません。

2.ビジネス脳になったり視野が狭くなる


自己啓発を学ぶためにビジネス本やセミナーを聞いたりなど、
そればかりだとビジネス脳になったり視野が狭くなります。

自己啓発を学ぶことはメリットがあり良いことなのですが、
だからと言って、それだけを学んでいてはデメリットにもなります。


これも自己啓発フリークとでも呼べばいいのか、
本はビジネス本や自己啓発系しか読まない人が結構います。

こういった方と実際に話をすることも多いですが、
どうにも会話がビジネス一色になったり、
固定観念というか視野が狭いなと感じることがあります。

ビジネスをする上では人との繋がりは非常に大事であり、
そのためには人間的魅力も上げていかなければいけません。


ちなみにネットビジネスなら人との繋がりは関係ないと思うかもしれませんが、
なんだかんだで稼ごうと思ったら、誰かに教わったり、情報交換をしたりなど、
実際にリアルの繋がりを持っている人が稼ぎやすいです。

そういった人との繋がりを大事にしてビジネスでも稼いでる人は
話をしていてもビジネス一色ということもないし、
広い視野を持っていて話題も豊富で会話が楽しいですからね。

要は何が言いたいのかというと、ビジネス本や自己啓発本などは、
少し特殊な内容になっていて、それだけを学んでいると考えが凝り固まったり、
視野が狭くなることがあります。


そのため本を読むにしても様々なジャンルを読んでみたり、
セミナーにしてもビジネス関係ではなく、いろいろなジャンルの話を聞いたりなど
自分の視野を広げていくと人間としての魅力も上がります。

それはすなわち、心の成長と能力の向上に大きく影響していきます。

仕事で目標を叶える使い方!


ここまでに自己啓発のメリットデメリットは解説したので、
あとは仕事や目標・夢などを叶えるためにどう使うかですね。

これは先ほども少し触れましたが、
何かしらの明確な目標を持つことです。

自己啓発はあくまでも心の成長や能力の向上のために学ぶもので、
それ自体を目的にするのではなく、何かしら自分で決めたことを
達成するために学ぶほうが有用です。


しかも、ちゃんと明確に目標を持って学んだほうが、
心の成長や能力の向上も大きいです。

ここの目標がぼんやりした状態で自己啓発を学んでも、
成長したような気になっているだけで、
むしろデメリットのほうが大きくなることもあります。

こういったことを踏まえて上手く活用していくといいです。

ではでは、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

またこのブログでお会いしましょう。



 お名前(姓) (必須)
 メールアドレス(必須)
             

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ