AddQuicktagの設定方法と使い方!

add1

こんにちは、すずみです。

今回はワードプレスのプラグインである、
「AddQuicktag」の設定方法と使い方についてです。

ワードプレスではテキスト形式で文字を打つ場合は
装飾やテーブルから見出しなどはコードが必要になります。

それを毎回入力するのはかなり面倒なのですが、
それを1度登録するだけで、タグボタンとして表示されて、
ボタンを押すだけで表示することができます。

まずは以下の動画にてお話しているのでご覧ください。


AddQuicktagのインストール方法は?


まず「AddQuicktag」で追加される部分は
以下の赤枠の場所になります。

add2

ここに普段使うコードを追加するのが、
ワードプレスのプラグインの「AddQuicktag」ですね。

このプラグインをインストールするためには、
まずワードプレスの管理画面からプラグインの新規追加で、
「AddQuicktag」と入力します。

次に以下の赤枠のインストールを押せばいいだけです。

add12

ここでインストールをした後はプラグインを
以下の赤枠の有効化していきます。

add4

AddQuicktagの設定と使い方!


プラグインを有効化した後は設定を行っていきます。

設定の仕方は以下の画像の赤枠の部分をクリックします。

add5

設定のボタンを押すと以下のような設定画面が出てきます。

ここで実際にコードを入力していくことになるのですが、
いくつか入力する欄があるので解説していきます。

add6

ボタン名:ここはタグボタンとして表示される名前になります。
わかりやすい名前にしましょう。

ラベル名:ここはボタンの説明となりますが、
特に入力しなくても問題ありません。

開始タグ:ここにコードの前半の部分を入力します。
タグは前半と閉じるためのものがあります。

終了タグ:ここで開始タグで入力したものを
閉じるためのコードを入力します。

アクセスキー:この部分は特に入力しなくても大丈夫です。

順番:タグを表示する順番を決めるものです。


add7

実際に入力したのが以下の画像になります。

またここでは右のほうにチェックボタンがいっぱいあるので、
これをすべてチェックしていきます。

その後に「変更を保存」を押せば登録されて、
タグボタンとして表示されるようになります。

表示は以下の赤枠のようにされます。

このボタンを押せば自分でコードを入力しなくても、
表示させられるようになります。

add8

次にタグボタンを追加することもできますが、
邪魔なものを削除することもできます。

方法は以下の画像のようにチェックボタンを選択して、
保存をすれば削除をすることもできます。

add9

また自分で作成したタグボタンを以下の画像の場所で、
エクスポートして他のサイトにも一発で登録することもできます。

add10

エクスポートしたデータを以下でインポートすれば、
一気にタグボタンを登録できるので便利ですね。

add11

「AddQuicktag」ではこのように自分だけの
タグボタンを作成できることができて、
時間の短縮をすることができます。

装飾や文字の大きさやテーブル作成など、
いちいち調べて入力するのはかなり面倒なので、
このプラグインは活用していきましょう。

またその他のオススメのプラグインの解説をした
記事が以下にもあるので合わせてご覧ください。
(関連:ワードプレスのプラグインで初心者にもおすすめ13選と使い方!

ではでは、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

またこのブログでお会いしましょう。

【無料プレゼント】ブログで稼ぐ新スタイル講座



 お名前(ニックネーム可)(必須)
 メールアドレス     (必須)
                  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ